PMSの予防

毎月ひどいPMSに悩まされている方は予防に力を入れてみるのもおすすめです。予防法の中には手軽に実践できるものもあるので、そういったものから挑戦してみてくださいね。

効果的なPMSの予防

PMSで何らかのトラブルが発生した場合、その症状を抑えるための対策を取る方が多いのですが、症状を発生させないための予防法についてチェックしてみましょう。

予防法を実践したからといって全くPMSの症状が現れないとは限りませんが、症状を軽めに抑えることにもつながります。

軽めの運動を実践する

生理前に激しい運動を行うのはおすすめできませんが、PMSの予防のためにも軽い運動は効果的です。30分程度ウォーキングを実践するとストレス解消にもつながるのですが、PMSを悪化させる大きな原因でもあるストレスを解消しておくことにより、ひどい症状が出るのを予防できます。

それだけでなく、運動をすることでしあわせホルモンと呼ばれるセロトニンが分泌され、イライラを抑制してくれるのです。

ストレス対策を取る

ストレスを溜め込んでいるときにPMSの症状が現れると状態は更に悪化します。ただでさえPMSの症状が起きるとストレスを感じるので、普段からストレスを溜め込まないように心がけておきましょう。

空腹状態を避ける

PMSの症状が出始めると、食欲がなくなってしまう方もいます。しかし、だからといって食べる量が減って空腹状態を感じるとその次に物を食べた際に血糖値が急上昇するのですが、インスリンによって血糖値を下げる際にはアドレナリンなどのホルモンも分泌されイライラしやすくなってしまうのです。

それだけでなく、気持ちが落ち込んでしまうこともあるため、もうそろそろPMSの症状が出てきそう…と感じた場合には長時間空腹にならないように調整してみてくださいね。

ホルモンバランスを整える

PMSはホルモンバランスが大きく崩れることにより症状が現れるため、ホルモンバランスを整えるための対策を取るのもおすすめです。食生活では栄養バランスを考えた食材を取り入れましょう。カフェインやアルコールは刺激も大きく、PMSを悪化させることもあるので生理前~生理後までは取り過ぎないように注意しておいた方が良いでしょう。

また、冷たいものばかりを食べていると体が冷え、PMSが悪化することもあります。

自分の不調を理解する

PMSの症状は人によって違いがあります。気持ちが落ち込む方もいれば普段以上に食べ過ぎてしまう方もいますし、眠い、だるい、体が痛いなど人それぞれです。

こういった症状が起きると精神的に不安定になり、普段と違う不調を感じて悲しくなったりイライラすることもあるでしょう。しかし、大きな原因はPMSにあるということを理解していると、「PMSだから仕方がないか」と気持ちを切り替えられるようになります。

もし自分自身でPMSが原因で周りにきつく当たってしまうことなどに悩んでいる場合、周りに理解を求めるのもおすすめです。こうすることによりPMSに気持ちを振り回されることがなくなり、ストレスを抑えられるのでひどい症状が現れるのを予防することにもつながるでしょう。

自分に合った対策をとろう

どういった対策がPMSの予防に最も効果的なのかは個人差があります。まずは基本中の基本ともいえるストレス対策を実践し、他にもできることがあれば取り入れてみましょう。

ただ、PMSを予防するといっても日常生活をガラリと変えるのは大変なことなので、自分にとって無理のない範囲で実践していくことが大切です。

  • セルフチェック!