運動・ストレッチ

PMSに悩まされている女性は日本人の約80%と言われています。10人に1人はPMSで何らかの症状を実感しているのですね。実は、PMSは日々の軽いストレッチでも改善が期待できます。なぜ効果が期待できるのか?その理由や特徴などをまとめてみました!

PMSは精神的なストレスも大きく関係している!

生理が近くなると、「またPMSになるかも・・・」と、思いがちです。「また生理が来る(PMSになる)」という思いが強すぎて、自分でPMSを発症しやすくしてしまっている可能性もあります。また、子育てや仕事、日常生活のちょっとしたストレスがたまることで、余計にPMSの症状をひどくしてしまうことも。PMSになると幸福感を感じる脳内物質のセロトニンが減少するので、余計にストレスが感じやすくなってしまい、結果的に毎月PMSで悩まされる…という事につながってしまうのです。余計なストレスをためないように、上手にストレスを発散することも大事です。その一つに「運動」が挙げられます。

なぜ運動やストレッチをした方が良いの?

PMS=安静に過ごすというイメージがあるかもしれませんが、これは間違っています。身体を動かさない状態が続くと、活動量が減って筋肉が緊張したり、全身の血流が悪くなります。こうなると、ぼーっとしたり、だるさが出たりします。憂うつなPMSの時期ですが、自分ができる範囲の運動・ストレッチをするように心がけてみましょう。

PMS改善ストレッチ

PMSを改善するために、有効なストレッチをいくつかご紹介します。

・膝倒しストレッチ
体幹をひねるストレッチです。

  1. 寝転がった状態で両膝を曲げます。
  2. 左ひざを押さえたまま、そのまま左へ倒して身体をひねります。(右肩があがらないように注意)
  3. 10~15秒カウントします。
  4. 反対側も同じようにします。

・キャットエクササイズ
骨盤の周りの筋肉を動かすストレッチです。

  1. 手と足を肩幅程度に開いて四つんばいになります。
  2. 息を吐きながら3秒かけて背中を丸めます。
  3. おへそをのぞき込むような意識で!
  4. 次は反対に、息を吸いながら3秒かけて腰を反らせます。
  5. これを10回続けます。

・お尻歩き
その名の通り、お尻で歩くエクササイズです。

  1. 長座の姿勢で座ります。
  2. お尻で骨盤を押し出す感じで前に進みましょう。
  3. 10歩前に進んだら、後ろに10歩後退します。

運動はいつするのが効果的?

運動をしない生活は、身体が冷えやすくなったり、血流が悪くなって疲れやすくなったりもします。骨盤周辺部の筋肉を鍛えると、骨盤の動きがよくなるので、PMS特有の症状が和らぐことにもつながります。起床時や就寝前などのちょっとした時間でも良いですし、「〇時に運動しよう!」と時間を決めてしっかり運動する方もいます。ストレッチやウォーキング、エクササイズなど、自分にできるものからで良いのでぜひ行ってみましょう。

  • セルフチェック!