マッサージ・つぼおし

PMSは、マッサージやツボ押しも症状の改善に効果的と言われています。特に、腰痛や肩こり、下腹部痛など…痛みを伴うものは、セルフマッサージでも症状がやわらぐことが期待できます。ぜひこの記事を参考に、自分に合ったマッサージ方法を知ってくださいね!

PMSの症状改善に期待できるマッサージ

マッサージの基本的なやり方をマスターしましょう!マッサージに必要不可欠な、「オイル」は、アロマオイルなどのリラックス効果があるものの方が、よりPMS改善には効果が期待できます。特に、むくみ改善に役立つくグレープフルーツがオススメです。また、 マッサージをおこなうときは、極端に強く押してしまわないように注意しましょう。「痛気持ちいい!」と思うくらいがちょうどいい強さです。いきなりグイグイ押し込むと痛みが出てくることもあるので、ゆっくりと揉みほぐすように心がけましょう。

お腹の不快感

PMSはお腹の不快感(張り・膨満感など)が起こることがよくあります。そんな時は、優しくお腹をマッサージしてあげましょう。

まず、手のひらにマッサージオイルを取ってしっかりと馴染ませます。いきなりお腹に付けるのではなく、しっかりと手のひらで温めると、伸びがよくなり、気持ちよくマッサージできます。おへそを中心に時計回りに軽く圧をかけながらマッサージしましょう。じんわりお腹が温かくなるのが感じられると思います。アロマの香りがふわっと香って、身も心もリラックスできます。

足のむくみ

足のむくみ、特にふくらはぎから足首にかけてのむくみは、マッサージで解消できます。アロマオイルを手のひらで馴染ませたら、まずは足首だけをマッサージしていきます。足にたまった疲れを解きほぐす感じで、優しくもんでいきます。足首の疲れやだるさが軽減されてきたら、次はふくらはぎをマッサージします。こちらも、ふくらはぎにたまった疲れを解きほぐす様にもんでいきます。足首とふくらはぎのマッサージが終わったら、リンパを流していきます。足首から膝の裏まで、一気にリンパを流しましょう。少し力を入れて、しっかり上に上に流していきます。裏側のマッサージが終わったら、足首の前側から骨の横を滑らせながら、ひざのところまで流しましょう。このマッサージをするだけで、足が軽くなり、むくみもスッキリします。

PMSの症状改善に効果が期待できるツボ押し

「アロマオイルなんてない!」という方でもできるのが、ツボ押しです。PMSの症状改善に効果が期待できるツボは身体にいくつもあるので、そこを優しく、「痛気持ちい」と感じる強さで刺激していきましょう。

生理痛によるお腹の痛みをやわらげるツボ

  • 三陰交
    くるぶしの最も高いところから指の幅4本分ほど上のすねのキワにあるツボです。生理痛によるお腹の痛みだけでなく、婦人科系の不調全般に効果的なツボです。足首をしっかりとつかむように、親指をツボにあてて押していきます。

PMSによるむくみの解消

  • 陽陵泉
    ひざの外側の少し下にあるツボで、体内の水分調整能力を高めるはたらきがあります。生理中だけでなく、日ごろのむくみ改善にも効果が期待できるツボです。

PMSによる便秘の不快感を緩和する

  • 手三里
    手三里はひじを曲げた時の外側のシワから、手首方向へ指3本分の場所にあります。
    大腸の調子を整える効果が期待できるので、便秘だけでなく、下痢やお腹の張りを改善してくれます。

PMSによる気分の悪化を解消する

  • 内関
    手首を曲げたときにできるシワから指3本分のところにあるツボです。
    自律神経のバランスを整えたり、生理前のイライラ、胃の不快感を解消してくれるツボです。

マッサージやツボ押しはいつするのが効果的?

マッサージやツボ押しは、起床時や就寝前などのちょっとした時間でも良いですし、時間を決めてする方もいます。マッサージはオイルが合った方が良いので、外出先で…というのはむずかしいですが、ツボ押しだったらいつでも自分の好きな時にできるので良いですよね。

このように、PMSの症状を緩和してくれるマッサージやツボは色々とあります。PMSの症状は人によって個人差があるので、自分の症状にはどのマッサージが効果的なのか、この機会に知っておくと、いざというときに役立つと思います。

  • セルフチェック!