PMS(月経前症候群)対策改善ナビ » その他のPMS改善方法

その他のPMS改善方法

女性の80%が、PMSの症状があると言われています。PMSというのは、Premenstrual Syndromeの略で、月経前3~10日の間続く精神的・身体的症状のことを指します。症状としては、むくみ・腹部の膨満感・頭痛・腹痛・腰痛などが挙げられます。この他にも、食欲不振やめまい、倦怠感などの自律神経症状、情緒不安定、抑うつ、不安、睡眠障害などの神経症状がおこる方もいます。1ヶ月の約半分に症状が出るので、身体的・精神的にとてもキツイ期間になります。特にこの時期は、周りの人にきつく当たってしまったり、彼氏や夫とよく喧嘩をしてしまった・・・という経験がある方も多いと思います。

なぜイライラしてしまう?

心穏やかに過ごしたいと思いながらも、PMSが発症している間はそうもいきません。ちょっとしたことでイライラしてしまい、自己嫌悪にも陥ることもしばしば。
実は、最近になってPMSが発症する原因が研究によってわかりました。原因は、エストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンのバランスが関係していたのです。

エストロゲンの役割

女性ホルモンの一つであるエストロゲンは、卵巣で作られます。自律神経の調節や、骨の形成、女性らしい身体を作るためにはとても重要になるホルモンです。

プロゲステロンの役割

黄体ホルモンとも呼ばれるプロゲステロンは、排卵直後から卵巣でつくられ、その後、2週間前後、身体の中に存在していて、次の生理が始まる前までの間に多く分泌されるホルモンです。子宮内の環境を整え、妊娠しやすくすることが主な働きで、受精卵が着床しやすい環境を作ったり、体温を上げる役割を果たします。妊娠後は、乳腺の発達も促進するので、妊娠・出産にはなくてはならないホルモンなのです。

PMSの改善方法

PMSを改善するための方法は人それぞれ違うので、自分に合った方法を探して試してみましょう!

  • 運動
    憂鬱な気分だからこそ、身体を動かします。運動は、血流を良くするので、PMSの改善にも大きな役割を果たしますし、身体を動かすことによりストレスの発散にもなりますので、気分もスッキリするでしょう。
  • ゆっくり過ごす
    とにかく気分が上がらない時は、無理に外出する必要はありません。家でゴロゴロしたり、お昼寝をしたり、心と気分を落ち着かせましょう。
  • 体を温める
    体を温めることは、リラックス効果にもつながります。生理中は難しいかもしれませんが、ゆっくりお風呂に入ったり、温泉に行ったりして体と心をリラックスさせます。

PMSには、「○○をしたら改善されます!」というものはありません。自分に合った方法を見つけて、毎月のPMSを乗り切りましょう!

  • セルフチェック!